ストレス体質の私。心穏やに過ごせる人生へ💕

ストレスで身体が弱ってしまわないように!中医学(薬膳)の知恵も借りながら健康管理してます。

やりたい事が見つからないのは「鎧」の着過ぎかも・・。

「やりたいことを見つける」には、まずは自分を知る事だと言います。

 

私は「自分の事は自分が一番分かってる」

 

それなのに「見つからない・・・」

 

                              

 

 

 

元々、私は「自分の事は自分が一番分かっている」から、人から自分の性格を分析されたり、ましてやセラピーを受ける事なんて必要ないと人一倍強く思っていました。

 

実は、この想いが大きな落とし穴で、50歳過ぎて、ようやく気付く事が出来たのです。

 

 

もちろん、今まで自分の想っていた性格や「私自身」のことを全て間違った捉え方をしていた訳では無く「その通り」の部分は有ります。

 

 

ただし・・・・

 

私の奥の、奥の、深~い奥底の「本当の正直な気持ち」や「本当の私のこころ」が全く分かっておらず、自分でも知らなかったと言える程、気付いていませんでした。

 

 

この「本当の私のこころ」

 

知らなかったと言うよりも、

「見たくなかった」

「認めたくなかった」

「無かったことにしたかった」

「嫌だった」

「悲しかった」

「つらかった」

「邪魔だった」

  ・

  ・

  ・

 

子供の頃や、学生時代、社会人になってから様々な人間関係や、置かれた環境・状況などを経験し、無意識に封印したり、意図的に排除してきた部分です。

 

でも、そうしないと、生きてこれなかったんでしょうね。

 

 

 

人生「嫌なこと」「つらいこと」「我慢すること」・・沢山あります。

 

 

世の中、自分一人で生きている訳では無いから、これらが有るからこそ、人は成長していけるし、社会生活で人との関わり合いの中では必要なことだと思います。

 

 

特に、社会人になれば荒波にもまれることなんて、日常茶飯事。

私も荒波にのみこまれない様に「鎧」を着て、傍から見れば「何ともない」様に振る舞うことが多かったです。

 

 

つまり、戦いに負けない様に、自分のこころが傷付かない様に頑丈な「鎧」を着るんですよね。

 

         

        f:id:sana-billy:20220123154108p:plain

 

 

しかも、50年以上、生きていると「鎧」を幾つも重ね着してますから、いつの間にか、この「鎧」をまとった私こそ「本当の自分の性格」や「本当のこころ」だと錯覚してしまっていたのです。

 

恐らく、人の何倍も多く重ね着していたと思います。

 

    

             f:id:sana-billy:20220123132155p:plain

 

 

正直、この「鎧」によって助けられた事や深く傷つかなかったことだって有るのですが、私自身と一体化してしまっているので「鎧」を着ていることすら気付きません。

 

 

本来なら「鎧」を脱ぐ時間を作って自分のこころを休めたり、労わったりしてあげると良かったのですが、こんな状態ですから、脱ぐことも一切せず、挙句の果ては脱ぎ方も、脱ぐタイミングも分からなくなっていました。

 

 

この「鎧」と一体化している事に、気付かされたのは「マインドフルネス」に通い始めてからです。

 

 

 

 

元々、中医学の資格試験の勉強で、集中力や記憶力の衰えが酷過ぎて、それを何とかする為に、通い始めました。

 

 

私が通っているセラピストの人は「マインドフルネス」のみではなく、「マインドフルネスを使ったハコミセラピー」というのもされています。

 

 

通って、最初の頃は「私の性格は自分が一番分かっている」から、私には「セラピー」と言うたぐいの物は必要ないと頭からきめこんでいました。

 

 

 

でも「自分の今の状態に気付く」ことを続けていくうちに、奥の、奥の、深~い奥底に「本来の自分」がいることにも何となく気付き始めたのです。

 

 

 

そうなると「本当の奥底の自分を知りたくて知りたくて仕方がない」と思いました。

※セラピストの人曰く、私は「好奇心が旺盛」だそうで(自分では全く分かりませんでしたが)セラピーを受けに来る人達は、本当の自分を知るのが「怖いから見たくない」という感情を持つ人が多いそうです。

 

言われてみれば、確かに「怖さ」も有るけど、それ以上に、比べ物にならない程「知りたくて知りたくて仕方がない」気持ちが殆どを占めてました。

 

 

 

受けていく過程では、当然、人生で封印したかったこと、認めたくない事が、自分自身での気付きによってで掘り起こされていくので、時には泣くことも有りました。

※私は、人前で泣くのが本当に嫌だという鎧も身に付けてます・・・(-_-;)

 

 

 

とにかく

「今の自分の状態に気付く・・・気付く・・・気付く・・・気付く・・・そして、また気付く・・・とにかく気付く・・・・」

 

 

ひたすら、この時間をあえて設けました。

※毎日じゃなくても、出来る限り、寝る前に15分でもいいから実行しました。

 疑問が出れば、セラピストの人に会った時に伝えます。

 

 

 

続けてきたお蔭で「鎧」を少しずつ脱ぐことが出来る様に・・・・

 

 

「マインドフルネス」をして自分に意識を向けていられると、誰に遠慮することもなく「鎧」が脱げています。

 

 

f:id:sana-billy:20220123132115p:plain

 

 

 

かと言って、常に脱いだ状態では、現代社会で生きて行くには「こころが傷だらけ」になる恐れが有るので、必要な時には「鎧」を付け、心身ともに休ませる時には脱げる様にする。

 

 

この「鎧」を脱ぐ時間を作れたことにより「本当の自分のこころ」が徐々に奥底からさらけ出され、なんと「人生で本当は私が求めていたこと」まで見えてきました。

 

 

その間も、紆余曲折有りましたが、本当に自分が求めていた「本心」に気付き、50年以上かかって、やっと辿り着けた(^_-)-☆

 

 

 

これは、体感した人じゃないと、半信半疑だと思います。

 

 

でも、私は世間で言う「頑固者」の部類に入るタイプ。

 

 

 

それでも、本気』で「なんとかしたい!」と想い、ほんの少しでも動けば、本当に兆しが見えるもんなんです・・・・よ!

 

        

 f:id:sana-billy:20220123132106j:plain